ハジメはG

初立ち上げのblogなのでよろしく。基本、機動戦士やサンデーの執事を中心でやっていく予定です。あと更新は遅めでいきます。いや最初は一生懸命やるんでなんかの拍子にここに来てくれたら少しだけでも見てくれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハヤテのごとく!第366話「ミステリールーム④」 

120621002.jpg


人気絶頂のアイドル:水蓮寺ルカ。
その人気と絢爛の裏には、タイトな生活と仕事の詰め合わせであった。
しかし彼女は文句一つ言わずパーフェクトのな形として熟してきた。

だがその彼女が自分の意志で仕事から離れたのだ。

その理由は仕事の厳しさなどではなく、自分の夢:漫画執筆を否定されたからであった。










~story~

初めて仕事を放棄したことを思い起こすルカ。
その愚かさは誰よりもプロ意識が高い自分が一番よくわかっており、
今回のことで自分の芸能活動が危ぶまれるかもしれないという不安が彼女を襲った。


120621003.jpg

ルカは自分の同人誌を手にとり気持ちを奮い起こすが、
その自信に問い掛けたのはアパートの住人の一人、カユラ。

カユラの漫画に対する愛は人一倍であり、そこらのオタクより一回り二回りも
漫画というモノに精通していた。

だからこそ漫画をビジネスとするということに現実感という厳しさを知っていた。

120621004.jpg

そのようにルカに忠告するがルカも、アイドルは簡単にはいかない と反論する。


一方ハヤテはルカに頼まれ、ルカの家へ荷物を回収しに来ていた。
事務所の関係者に見つからないように行動していたのだが、
ルカの部屋にはまさかの先客が存在していた。


120621005.jpg

部屋で待っていたのはルカのマネージャーである集。
彼女はハヤテにルカの居所を聞くことはせず
ただ問題を起こさずに見てくれと頼むだけであった。



ハヤテはそんな彼女にルカの漫画執筆への話を切りだすが、そこで返された真実は
ルカに一億五千万円もの借金があるというものであった。
そして集はハヤテに「水蓮寺ルカ」というアイドルへの思いを語るのであった。


120621006.jpg

それぞれのドラマが展開される中、幽霊神父はハヤテたちが住むアパートの
謎に近づくのであった。

120621007.jpg


~web~
ルカは可愛い。

そして、いよいよ神父が真実に迫る!



~impression~
ルカの未来、アパートの真実。それぞれの事例は第2ステージへ!



スポンサーサイト
  1. 2012/06/21(木) 12:47:05|
  2. ハヤテのごとく!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハヤテのごとく!第367話「ミステリールーム⑤」  | ホーム | ハヤテのごとく!第365話「ミステリールーム③」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hazime0ha0g.blog78.fc2.com/tb.php/284-038164cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TYARIⅡ

Author:TYARIⅡ
初立ち上げのblogなのでよろしく。基本、機動戦士やサンデーの執事を中心でやっていく予定です。あと更新は遅めでいきます。いや最初は一生懸命やるんでなんかの拍子にここに来てくれたら少しだけでも見てくれ。

あと、「ハヤテのごとく!」の考察もしているので詳しくは、カテゴリの「ハヤテのごとく!考察一覧」へ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ハヤテのごとく!考察一覧 (2)
ガンプラ (5)
キングダムハーツ (3)
ハヤテのごとく! (186)
ひとりごと (28)
感想 (9)
ガンダム (2)
ets (1)
移動ブログ (1)
ずっと俺のターン (2)
コミックマーケット (1)
! (2)
??? (7)
アニメ (3)
生き生きするZO! (0)
キラッ☆ (1)
フィギュア (1)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (8)
魔法少女まどか☆マギカ (3)
遊戯王-アニメ- (6)
saki (1)

咲-Saki- まとめアンテナ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。