ハジメはG

初立ち上げのblogなのでよろしく。基本、機動戦士やサンデーの執事を中心でやっていく予定です。あと更新は遅めでいきます。いや最初は一生懸命やるんでなんかの拍子にここに来てくれたら少しだけでも見てくれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012のはじまり

img_729885_25010993_0.jpg


すでに2012年の1月も終盤に入った今日この頃、
自分は今年に入ってから様々なシーンで
「懐かしさ」「久しさ」という言葉が心に浮かんでいる。
確かに1月という、年の初めというのもあるのだが、
その由縁は単に季節からだけではない。

今回は自分が現在進行で感じている、
この懐かしさや久しさの正体を解いてみたい。

―MH 2012Winter
アニメ『探偵オペラミルキィホームズ 第2幕』は前回の1期から、
00年代前半の美少女アニメシーンを代表する
『ギャラクシーエンジェル』の世界を見事に継承している作品だ。
ギャラクシーエンジェルが提示した美少女アニメの常識をぶち壊すギャグの数々は
一部の関係者ともども、ミルキィホームズにて転生。
我々に生きた形、ミルキィホームズにて超次元的なコメディを披露してくれている。

GA、ギャラクシーエンジェルは主に模型雑誌で情報を得ていた自分にも
よく目にした作品で、当時の萌えアニメを牽引していたという印象を持っている。
しかしアニメの内容がいい意味で“ヒドイ”というのは、
このミルキィホームズのアニメが放送され、GAという作品の名が上がり初めて知りました。
10年前の作品が、未だにヒットアニメに繋がっていると考えると
あらためて、アニメの楽しみ方というのは様々だなと感心しました。

15451044.jpg


―2012Winter~2002
「最優先事項よ!」」というキーワードともに記憶に残る
名作『おねがい☆ティーチャー』が、この2012年冬に10年越しに復活、
その名も『あの夏で待っている』である。
「おねてぃ」の黒田洋介(脚本)・羽音たらく(キャラクター原案)という
スタッフの共通点だけでなくストーリー、登場人物の立ち位置まで
完璧にトレースされているという、ある意味変わっているアニメ。
おねてぃを知っている者は懐かしさを、知らないものは10年越しの目新しさを
感じられる良作となっています。


「おねてぃ」の方は放送がWOWOWであり、地方でも見れましたが
当時の自分には、刺激が強いアニメでしたね。風呂とか風呂とか。
まさか、このような形で再び出会えるとは思いもせず、
主に森乃― じゃなくて山乃檸檬ちゃんを中心に視聴したいです。

24337656.jpg


―Anime2012 SuperRobot
GA、おねてぃと00年代の強者がカタチを変えて登場している中、
同期に誕生したオリジナルロボットアニメたちも
“続編”として2012年に再登場する。

05年の朝に放送され、日曜日の朝を盛り上げた
『交響詩篇エウレカセブン』の続編、『エウレカセブンAO』。

こちらも05年に放送され、OPソングは今でも人気を持つ
『創聖のアクエリオン』の続編、「アクエリオンEVOL」

そして06年に1期、07年に2期が放映され、
その怒涛の展開に多くの人の目が釘付けとなった
『コードギアス 反逆のルルーシュ』の続編『コードギアス 亡国のアキト』


既にアクエリオンEVOLは放送を開始され、
前作から持つ独特の雰囲気を完遂しながらも、
新作としての面白さを見事に引き出しており、個人的に毎週楽しみにしています。

24456581.jpg


―Anime2012 ◯
だがそれ以上に「懐かしさ」や「久しさ」を感じているとすれば
アニメ『輪廻のラグランジェ』だ。
近年では久しくなってしまったオリジナルのロボットアニメであり、
制作会社もロボアニメに強いジーベック。
過去『ゾイド -ZOIDS-』や『蒼穹のファフナー』を制作し、
最近では映画アニメ『ブレイク ブレイド』にて、ロボット描写の強みを
見せている。
また作品のコンセプトが
「女子高生がロボットに乗って元気に頑張る」という
近年のロボットアニメとしては、だいぶ明るい印象を持っているので、
ロボットアニメ一見様という人にもオススメです。

24392323.jpg


―Anime2012
正直いって、ラグランジェを初め今期放送されているアニメというのは
近年この業界で流行してきたアニメにくらべ、
その作風や在り方は逆行しているといえる。
だがそれゆえに今期、今年生まれ出るオリジナルアニメは大切なものだ。
この先も多くのオリジナルアニメが増えてほしい。


―Hayate2012Bigin
 漫画『ハヤテのごとく!』はアニメ、ドラマ、そして映画とそのメディア媒体を順調に広げていたのだ、2012年の1月に初の休載をすることになった。しかも長期休載であり再連載は2月の終わりから。およそ8年間ぶりに『少年サンデー』から『ハヤテのごとく!』が消えることになる。
 
 この意味は後に明かされることになると作者のブログでは語られているのだが、このことを1つ前向きに解釈するのなら「再スタート」というものではないだろうか。
「ハヤテのごとく!」は既にこの業界では商業的、知名度的に見て優良な立ち位置にいる。もちろんその安定というものは貴重ではあるのだが、あくまでドラマを見せる「ハヤテのごとく!」にとって、その安定の場での完結は作者、そして読者にとって決して満足できるものではないだろう。真に「ハヤテのごとく!」に求められているのは、やはり挑戦であり、ただ続けることではない。その方向性というものは、おそらく連載された1話目から変わってはいないだろう。

自分は今回の「ハヤテのごとく!」の休載は、本作品の挑戦意欲という意識をはっきりと示すための「区切り」としての休載だとみる。

その結果は畑先生の休養による質の向上かもしれないし、先生の含みある言葉から意外とわかり易いモノであるかもしれない。

波乱に満ちながらも多くの作品から希望をもらった、11年の次と年である2012年は恐らく過去を振り返りながらも、そこから新たなものが生み出される1年となるであろう。

常に補償なき挑戦を試みる者たちにこそ、1歩前に進んだ未来があるはずだ。

スポンサーサイト
  1. 2012/01/21(土) 15:20:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ハヤテのごとく!第352話「病は気から。気を抜くと病気になるという意味」  | ホーム | ハヤテのごとく!第351話「モテるためには こういう事がサラっと できる必要があるとかないとか」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hazime0ha0g.blog78.fc2.com/tb.php/267-5a1dcf95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TYARIⅡ

Author:TYARIⅡ
初立ち上げのblogなのでよろしく。基本、機動戦士やサンデーの執事を中心でやっていく予定です。あと更新は遅めでいきます。いや最初は一生懸命やるんでなんかの拍子にここに来てくれたら少しだけでも見てくれ。

あと、「ハヤテのごとく!」の考察もしているので詳しくは、カテゴリの「ハヤテのごとく!考察一覧」へ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ハヤテのごとく!考察一覧 (2)
ガンプラ (5)
キングダムハーツ (3)
ハヤテのごとく! (186)
ひとりごと (28)
感想 (9)
ガンダム (2)
ets (1)
移動ブログ (1)
ずっと俺のターン (2)
コミックマーケット (1)
! (2)
??? (7)
アニメ (3)
生き生きするZO! (0)
キラッ☆ (1)
フィギュア (1)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (8)
魔法少女まどか☆マギカ (3)
遊戯王-アニメ- (6)
saki (1)

咲-Saki- まとめアンテナ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。