ハジメはG

初立ち上げのblogなのでよろしく。基本、機動戦士やサンデーの執事を中心でやっていく予定です。あと更新は遅めでいきます。いや最初は一生懸命やるんでなんかの拍子にここに来てくれたら少しだけでも見てくれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハヤテのごとく! 第27巻 

110218T001-s.jpg


夢、破れるナギ。
(2011.02)だからこそ知るべきでは?
【Ain’t No Magic】の意味を!











~outline~
ついに畑健二郎が本格的に連載誌に関わるようになった「かってに改蔵」の最終回である26巻を超えた27巻!
また新シリーズが始まって3巻目にもなり
2011年夏に公開予定である「劇場版 ハヤテのごとく!」のアナウンスにもなっています。

またこの巻から新シリーズの目玉の一つでもある「ナギお嬢さまの漫画家への激闘編」が本格的に始まり新たな様相をていしてくる。
タマの引越しから、同人即売会の攻防まで地味にひと繋ぎの物語になっており
「ハヤテのごとく!」の中心に少し触れる巻とも言える内容。

他にも謎の少女:法仙夜空(ホウセン ヨゾラ)と同人作家:ルカが初登場し
久しぶり且つ意外な登場を見せる東宮康太郎に、こちらも久々の足橋剛治先生と賑やかなメンツが揃ってきます。

新シリーズ これからが本番だ。




~content~
110218T002-s.jpg
そうだ所詮間接チュー。まだあわてるような時間じゃない!


110218T003-s.jpg
ヒナギクを守るため、結果的に抱きついてしまったハヤテ!こういうときは・・・!

110218T004-s.jpg


てへぺろ(・ω<) 

【但し“てへぺろ”は療法、料量守って正しくお使いください。】




110218T005-s.jpg
いきなりですがタマに小杉十郎太さんってすごいですよね。


110218T006-s.jpg
この巻から初登場の法仙夜空、なのですが・・・


110218T007-s.jpg
 何が始まるんです?


110218T009-s.jpg
久しぶり登場の東宮のお坊ちゃん、だが熱いパトスを感じるぞ


110218T008-s.jpg
こちらもお久、というか まさかの再び登場の足橋先生。ちなみに中の人が小野坂昌也さんなのですが・・・

小野坂昌也 2



110218T011-s.jpg
同人誌即売会のシーンなのですが、見たことあるようなモノがチラホラと。
ちなみに真ん中下の本はこちら

f66923e7.jpg



110218T010-s.jpg
この巻終盤から次の巻にいたるまでの物語の鍵となるこの写真・・・
寡黙な老人が写っていますが、よく見ると着物がハート柄?


110218T012.jpg
そしておまけでは咲夜ちゃんが一肌脱ぎます!(着るんだけどね。)




~impression~
ギャグ8割 1.5割シリアス 0.5割マリアさんを中心としたエロ(?)で
構成されている27巻なのですが
この位の割合、形式が「ハヤテのごとく!」全体として見たときの
割合なのかとも思います。
そう考えれば この形式に慣れれば
これからの「ハヤテのごとく!」も十分読むことができるのではと…

やはりアテネ編から「話が違う」として離れた人は少なからずいるので
「今は元の形式、100%進路を変更した訳ではない」
ということを、この巻で分かって欲しいですね。

「ゼロの使い魔」「灼眼のシャナ」など
数年前にこの業界を盛り上げた作品が一つの終わりを見せる中
未だ物語をつむぐ「ハヤテのごとく!」
魅せつけろ!



~next view~
 ナギの漫画家への激闘が本格的にはじまり、この件がどこまで行くかが気になります。この漫画の形式として時間軸はそう簡単には前に進まないので数ヶ月、数年かけての話とは残念ながら展開されることは恐らくないでしょう。
 だが今のところナギが挑んでいるのは同人。これはある意味短期間の勝負には適しているテーマなのかと思います。また前にも言及したことがありますが同人誌をテーマにした作品は珍しく、事情を余り知らない人には興味深い内容になるのかもしれない。「バクマン。」と双璧をなす、とまでは言いませんがアチラが商業漫画をリアルに描いた作品なら、この「ハヤテのごとく!」新章は“漫画を描く者”全般をリアルに描いた話になるかもしれません。


【ハヤテのごとく!の挑戦!?】
 上にも画像を掲載しましたが、この「水戸以外全部沈没」という作品は蒼樹うめ作「ひだまりスケッチ」の2次同人誌なのですが、何と「ぱにぽに」で有名な氷川へきる先生なんですよね。「商業誌掲載漫画家も2次創作する」という事実は個人的には衝撃的なものがあり、知らなかった人もビックリするのではないでしょうか。他にも商業誌漫画家が同人作品を描くパターンは数多有り、個人的に近年驚いたのが

「攻殻機動隊」で有名な士郎正宗の異種姦モノ同人
「ひだまりスケッチ」の蒼樹うめの百合同人
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」のイラストを描いているイラストレーター:ゆきうさぎの「エヴァンゲリオン」のエロエロ同人

などがあり、この業界の自由度が伺える。ちなみに畑健二郎も昔、一日中「劇場版ナデシコ」を観た結果ルリルリの同人本を出したようですから、このようなケースは決して少数ではないのでしょう。
このような現状を捉えてくるのであろう、これからの「ハヤテのごとく!」。新しい道を切り開けるだろうか。


スポンサーサイト
  1. 2011/02/23(水) 09:42:54|
  2. ハヤテのごとく!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハヤテのごとく! 第309話「お姉ちゃんという言葉の響きにはロマンがある」 | ホーム | ハヤテのごとく! 第308話「うっかりは、うっかりしている時にうっかりする」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hazime0ha0g.blog78.fc2.com/tb.php/205-623cdac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TYARIⅡ

Author:TYARIⅡ
初立ち上げのblogなのでよろしく。基本、機動戦士やサンデーの執事を中心でやっていく予定です。あと更新は遅めでいきます。いや最初は一生懸命やるんでなんかの拍子にここに来てくれたら少しだけでも見てくれ。

あと、「ハヤテのごとく!」の考察もしているので詳しくは、カテゴリの「ハヤテのごとく!考察一覧」へ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ハヤテのごとく!考察一覧 (2)
ガンプラ (5)
キングダムハーツ (3)
ハヤテのごとく! (186)
ひとりごと (28)
感想 (9)
ガンダム (2)
ets (1)
移動ブログ (1)
ずっと俺のターン (2)
コミックマーケット (1)
! (2)
??? (7)
アニメ (3)
生き生きするZO! (0)
キラッ☆ (1)
フィギュア (1)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (8)
魔法少女まどか☆マギカ (3)
遊戯王-アニメ- (6)
saki (1)

咲-Saki- まとめアンテナ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。