FC2ブログ

ハジメはG

初立ち上げのblogなのでよろしく。基本、機動戦士やサンデーの執事を中心でやっていく予定です。あと更新は遅めでいきます。いや最初は一生懸命やるんでなんかの拍子にここに来てくれたら少しだけでも見てくれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハヤテのごとく! 第301話「子はかすがいかも しれない。まだかすがってないけど」

101224010-s.jpg


出会はいつも・・・・


















~content~
101224002-s.jpg
一児のママとなったヒナギク。いや本当の子じゃないけど、連れ子とか、そういう泥沼な意味でもなくて・・・
だが、その幼き子はどうみてもアテネだと思うハヤテ。
昨夜の夢のことを思い出すのが、はたして真実は…?




~pickup~
101224003-s.jpg
「行為」って・・・、そりゃあこんな反応になりますよ、会長。


101224004-s.jpg
ご指名ですよ、主人公。


101224005-s.jpg
まさかの悪ノリのハヤテ!あの時とは薄い本の中での時ですね、わかります。


101224006-s.jpg 
少女が手にしているのは何やら電池の残量を表示しているようなメーター。これから何が起きる?



101224007-s.jpg
自分に向けられる笑顔と言葉と、そして指輪。確信する。アテネであると。


101224012-s.jpg
「アリス」って・・・・・。


101224011-s.jpg
アテネも金髪だしその格好だと、この子しか浮かばないんだけど!(びっくりだけど“アリス”で検索するとわかります。)



~web~
面白おかしいラブコメ要素全開で描いてみました。
どんなもんでしょうか?


―ラブですか…。
いや確かにヒナギクがまた一人で恋する乙女でテンバってますがね。




~impression~
新境地がアパートということで何となく予想できては、いたがアテネまで住むことになろうとは。このままでは恐らく西沢さんも参加しそうだが、どのような展開になっていくのだろうか?期待高まります。




幼きアテネ その意
 
アテネの再登場はいつか来ると予想はしていたものの、まさかの読者が初めに目にした姿、幼き容姿となって出てくるとは意外であった。どうやらアテネの意に反して、このような姿となっているようだが元に戻れるのであろうか?
 
とにかく幼き姿となってハヤテメンバーに参加することになったアテネ。
ギリシャではハヤテや伊澄ぐらいしか関わっていないため、今回身を偽っているが本格的な参加であると言えるだろう。
しかし何故にストレートに成人の姿ではなく、幼い容姿で登場しなければならなかったのであろうか?
もちろん設定的に重要な人物であるため、易々とその身を晒していい存在ではないのだが、ここではその理由以外における訳を考えてみたい。



 今の時点においてのハヤテとアテネの関係。それは中々に強靭なる関係であると言わざるおえない。恋愛というベクトル置いては測りにくいものがあるが、それでも他のヒロインたちよりも発展したものがあると言っていい。そのような状態である2人が、仮にそのまま今の「ハヤテのごとく!」のストーリーに来襲するのだとしたら・・・。

 
101224008-s.jpg
アテネがヒナギクをつれてくるよう頼むシーン。
自分は17巻で見られた10年前の2人の関係が今でも続いていると、このやり取りから感じた。


 想像してほしい。26巻の巻末のおまけにおいて。あのようなやり取りがハヤテとアテネの間で再び交わされ、そのやり取りの周りにナギ、ヒナギクたちがいるのだとしたら…。断言しよう。確実に3人は病院送りになると!
 
101120012-s.jpg
やり取りもさる事ながら、「ハヤテが敬語で話をしていない」ということが、自分をつねに驚愕させます。


 ようは今の2人の関係は他のヒロイン、キャラクター達にとって刺激が強すぎるのだ。「ハヤテのごとく!」既に構成されている恋愛模様。この要素が破壊される危険性が今のハヤテとアテネには存在している。

 この危険性を鑑みれば、アテネを幼女化して登場させたことは得策だと言える。


ストーリーに

恋の駆け引き(ヒナギクとハヤテのやり取り)盛り込ませながら、

成熟した愛溢れる展開(アテネとハヤテのやり取り)をみせる。



今回の話は非常に優秀であると言えるのではないだろうか?



 
 
眠り姫?

今回の話は個人的には色々と思うことが多かったのだが、その中の1つにこのシーンがある。

101224009-s.jpg


 ギリシャ・アテネ編でハヤテの心を揺り動かす存在であった、2大ヒロインの2度目の対面であるのだが…。初の対面からすると緊張感が些か足りないのもそうだが、それ以上にナギお嬢さま爆睡とは―。
だが呆れると同時に個人的には、最近読んだ『範馬刃牙』に出てきた「ピクル」を思い出しました。


 遙か1億年以上前から現われたティラノサウルスをも屠る圧倒的強さを持つ原人:ピクル(塩漬け)。
今まで出てきた屈強な猛者を軽くなぎ払うピクルの強さを象徴する場面に地下闘技場の中心で熟睡する姿があげられている。
 ピクルが元居た時代、そこには「弱肉強食」というルールしか存在しない世界であった。その世界で睡眠、元いい完全無防備状態になるということはイコール「死」を意味している。故に大抵の動物は就寝時に置いてその身を隠す、または極力熟睡を取らないようにしていた。

 その世界でピクルが身を隠さずに熟睡をしていたという事実。つまり彼がその世界の中で「弱肉強食」の頂点にいた事を意味しているのだ。



作中一番の人気であるヒナギクにスポットが当たり、
ハヤテにとって「最愛」であるかもしれないアテネも合流してきた今回。
そのような場面でに置いても眠り続けるナギは、やはり愚か者なのであろうか?
それとも…。
 




スポンサーサイト
  1. 2010/12/27(月) 14:15:22|
  2. ハヤテのごとく!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ねんどろいど 桂ヒナギク レビュー | ホーム | クリスマスが来た。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hazime0ha0g.blog78.fc2.com/tb.php/193-6160352c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TYARIⅡ

Author:TYARIⅡ
初立ち上げのblogなのでよろしく。基本、機動戦士やサンデーの執事を中心でやっていく予定です。あと更新は遅めでいきます。いや最初は一生懸命やるんでなんかの拍子にここに来てくれたら少しだけでも見てくれ。

あと、「ハヤテのごとく!」の考察もしているので詳しくは、カテゴリの「ハヤテのごとく!考察一覧」へ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ハヤテのごとく!考察一覧 (2)
ガンプラ (5)
キングダムハーツ (3)
ハヤテのごとく! (186)
ひとりごと (28)
感想 (9)
ガンダム (2)
ets (1)
移動ブログ (1)
ずっと俺のターン (2)
コミックマーケット (1)
! (2)
??? (7)
アニメ (3)
生き生きするZO! (0)
キラッ☆ (1)
フィギュア (1)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (8)
魔法少女まどか☆マギカ (3)
遊戯王-アニメ- (6)
saki (1)

咲-Saki- まとめアンテナ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。