FC2ブログ

ハジメはG

初立ち上げのblogなのでよろしく。基本、機動戦士やサンデーの執事を中心でやっていく予定です。あと更新は遅めでいきます。いや最初は一生懸命やるんでなんかの拍子にここに来てくれたら少しだけでも見てくれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【未読者注意】俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7巻 感想

14470237 s

虚しさを…僕は…。




ちなみタイトルの意味は「皮肉」。なんとも言えなくなります。














7巻を読んで思ったことがある。これは人の心読むミステリーであると。

 登場人物の心情を読むという行為は読書において基本的なことではある。だが全ての読者が行い、そして正解するという保証はない。故に人物の心情が分り易いように、各登場人物にモノローグや解説を入れたりするのが常である。だがこの「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」というラノベはそのような補足が皆無な分類のお話だ。この作品の基本は、主人公:高坂京介の一人の語りのみで構成されている。そして他の登場人物の心情や京介が見えてない部分の描写は存在していない。故に読者は推測、想像を膨らます。桐乃は京介のことをどのように思っているのかを。黒猫が何を考えているのかを。物語が始まる京介17歳の6月以前の過去の話を。
 特に今回の7巻ではそのことが顕著であった。自分は最後の京介と桐乃の葛藤のシーン。「もう……遅いよ……」
これらのセリフを初め、なぜ桐乃が今回の奇行にいたったのかが、まるで明かされていない。そして明かされていないのにも関わらず、問題が解決されているのだ。まるで犯人を特定したのに、その証拠を伏せたまま、物語が終わってしまう推理小説のようだ。自分は「わからない。」と口にするしかなかった。
そしてラストのシーン。完全に前の物語から隔てられたスペースで起こる恋愛劇。
その起こりは、まだ納得できるとはいえ、それでも疑問を抱く。なぜ今なのか、なぜこんなに簡素シーンなのか、なぜその結果にいたったのか。疑問はつきなく、違和感しか残らない。
しかしその感覚は人それぞれだ。中にはこの疑問にぶち当たることを快感と思うものや、そんな疑問に関わらず、ただキャラクターを愛でている人もいる。多様な捉え方ができる作品に少し素晴らしさを新ためてしまう。



14432124 s
黒猫たんの安定した可愛さです。



今回7巻を読んでみての感想はこんな感じである。なんというか侘しさを感じている。「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」という作品に潜む、多大な謎に…。


14475182.jpg
……7巻読んだ俺に何を言えと……



「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」という作品に潜む、多大な謎。
桐乃の真意。黒猫の告白。あやせの持つ情報。麻奈美のつながり。沙織のコミュニティの行方。そして多大なる過去…。
自分は少しでもこれらの真相に近づこうと思う。どうやってか?
ありがたいことに伏見たちのインタビューでこのようなことが述べられている。


伏見:初期段階ではまったくしていませんでした。1巻で終わると思っていましたし。2巻を書いていたときは2巻で終わると思っていました。3巻を書いているときは4巻で終わると思っていました。私の中ではっきり変わったのは、4巻ラストの展開について激しく話し合ったときで、「やべぇ! この話はまだまだ続くぞ、どうしよう」と。ストーリーをある程度先まで考えて決めたのも、そのときです。


つまり真相は4巻以降に存在するということだ。
それらの意見を元に自分は追い求める。潜む謎を。必要なことはまさにdeep dive。


14445420 s
ぼちぼち桐乃たん向けの画像をはらんと。



しかし、ただ闇雲に探るのではない。明かすべき謎は以下の項目に絞り込む。

1,桐乃の京介に対する想いは恋愛感情なのか否か。そしてそれはいつ芽生えたのか。
2,黒猫はいつから京介のことを想い、どのような意図で告白にいたったのか。
3,京介と桐乃の過去とはなんなのか。

これら3つと、各伏線をあらためて捉えたいと思う。
必要なのは本文と自分の思考。
時間がかかるかもしれないが結果はいつかここに記載したいと思う。
やりがいはあるはずだ。

では最後に7巻のラストについて解説を。



14417672.jpg


「私と付き合ってください。」
この告白から数日後―
俺と黒猫は、恋人になった。




「私と付き合ってください。」
この1文から黒猫がいつも強気口調ではなく、今まで見たことがないような素直な口調となっている。このことから黒猫というより、心を完全に開いている「五更瑠璃」としての告白だと解釈できる。その根拠は黒猫が着ている服からも挙げられる。いつものゴスロリでもなく制服でもない白のワンピースは「私」として五更瑠璃をより的確に現している。また白は純血を現していとも言え、その誠意が伺える。

この告白から数日後―
俺と黒猫は、恋人になった。

ここからこの黒猫の告白の結果が、その時に決したわけではないとわかる。ちなみにこの告白は前日に、桐乃:嘘の彼氏事件があり黒猫とは仲直りした後である。また次の日にはコミケの打ち上げの仕切り直しが行われ予定である。つまりはこの告白の後に京介、桐乃、黒猫、沙織が一同に介することは確定であると言える。そのこともあり告白の返答が先延ばしにされたともとれる。
そして最後の1文。今までの恋模様に1つの結論を述べる大切な1文である。だが私はこの1文に疑問を感じてしまう。

俺と黒猫は、恋人になった。

なぜ大切な1文だというのに「黒猫」の名称を使っているのか。
「黒猫」という名は元々ハンドルネームである。黒猫本人は真名と言っているが、そのことを通すなら告白の場面ではいつものゴスロリの服を着てくるのが正しいスタイルではなかろうか。また京介が呼び慣れているからという意見もあるが、今回の7巻の冒頭での桐乃の発言、
「……京介って、呼ぶから」
このように関係の変化において、互いの名称を変えることは多々ある。結婚すれば互いに「あなた」「おまえ」と呼びあうことと同じだ。同時に、このような名称の変化が関係性の変化の象徴と言っても過言ではないはずだ。
では、なぜ京介は「黒猫」と言ってしまっているのか。予期されることは京介と黒猫の新たな関係性に対する不安しかない。本当に最後まで恋人という関係でいられるのか。恋人という確固たる存在が崩壊するのではないのか。京介の心は、別の誰かの元へ行ってしまうではないか。

自分の解説の結論を述べよう。この1文は決着ではない。むしろ始まりであると。

ある者は祝福し、ある者は涙する鐘が鳴らされた。
拍手が巻き起こり、天が晴れ渡るようである。
だが私はその鐘の音が、虚空に煌く雷鳴の音にしか聞こえない。
その響きはまるで、戦乱を呼ぶ銅鑼だ。
そうだ。戦いはこの時から始まるのだ。

そう、自分は言葉を残す。




14373853_p1 s
バレが回ったときに、一番に読者の目に飛び込んできた同人画像。
私はあえて、反論を口にしよう。
『皮肉』なんて悲しい言葉で終わらせない。『遅くはない』と。



Not Too Late/K.Inaba














スポンサーサイト
  1. 2010/11/11(木) 02:10:01|
  2. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ハヤテのごとく! 第296話「ルカ」 | ホーム | 【ネタバレ無し】 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7巻 レビュー>>

コメント

今週は面白い記事が続き読んでて楽しいです。七巻は衝撃的でしたね。ネタバレを知ってても楽しく読めたと言うか、寧ろ解ってたから最後の急展開について行く事ができました。キリノ廚の自分としては、「呪いなら仕方n...なくない!」って感じでした。やはり、PSPを買えと!? でも...フェイトさん√が orz
それでも有りかなって思う、七巻でした パチパチ
  1. 2010/11/11(木) 15:20:26 |
  2. URL |
  3. 俺の妹のエロさが有頂天でとどまる事を知らない #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hazime0ha0g.blog78.fc2.com/tb.php/181-c7eb5595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TYARIⅡ

Author:TYARIⅡ
初立ち上げのblogなのでよろしく。基本、機動戦士やサンデーの執事を中心でやっていく予定です。あと更新は遅めでいきます。いや最初は一生懸命やるんでなんかの拍子にここに来てくれたら少しだけでも見てくれ。

あと、「ハヤテのごとく!」の考察もしているので詳しくは、カテゴリの「ハヤテのごとく!考察一覧」へ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ハヤテのごとく!考察一覧 (2)
ガンプラ (5)
キングダムハーツ (3)
ハヤテのごとく! (186)
ひとりごと (28)
感想 (9)
ガンダム (2)
ets (1)
移動ブログ (1)
ずっと俺のターン (2)
コミックマーケット (1)
! (2)
??? (7)
アニメ (3)
生き生きするZO! (0)
キラッ☆ (1)
フィギュア (1)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (8)
魔法少女まどか☆マギカ (3)
遊戯王-アニメ- (6)
saki (1)

咲-Saki- まとめアンテナ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。